FC2ブログ

追湯の記憶。

 2010-08-28
あれほど仰々しく「追湯」しておきながら、

すぐさま違う形で「継承」することになった「日清ラ王」


メディアやネットの世界では、「だまされた」という声が噴出している。

私も、そのうちの一人。


「最後のラ王」に当たりたくて、50音全ての追湯を行い、

ツイッター及びマイミクの人たちには、ご迷惑をかけた。


そして、消えゆく「歴史」の記憶をとどめておくべく、

噛み締めながら味わった。


以下は、歴史の記憶である。


しょうゆ。

100828_raoh-shouyu01.jpg

100828_raoh-shouyu02.jpg



みそ。


100828_raoh-miso01.jpg

100828_raoh-miso02.jpg



とんこつ。


100828_raoh-tonkotsu01.jpg

100828_raoh-tonkotsu02.jpg


限定・沖縄そば。

100828_raoh-suba01.jpg

100828_raoh-suba02.jpg


さようなラ、生タイプ…。


スポンサーサイト



カテゴリ :今日の一杯 トラックバック(-) コメント(0)

みんな、偽善者になってみないか。

 2010-08-22
今日は、私の仕事の話ではありませんが、
てぃーだブログさんが広く告知されていましたので、
賛同させて頂くことにしました。


最近、宮古島の搾取に取り組んでいる(笑)島田紳介さんが、
某番組でカンボジア募金のプロジェクトをやったときに、言っていた
いい言葉がある。

島田紳介氏については、好き嫌いが分かれるキャラクターなのだが、
その言葉自体は、かなりうなずける言葉だった。

「困っている人のことを、助けてあげようと思った時点で、
既に人は相手のことを見下している。それは相手に対してとても失礼なこと。
ただ、充分失礼だと理解した上で、それでも、
やらないよりは、やった方がいい。」

本当に「いい人」「素晴らしい人」は、
現場に行って、その人のためになることを
汗水流して動いていく人のことを言います。

お金だけ渡して、あとの自分は、お酒を飲み、美味しいものを食べ、
気ままに暮らす。

そんな人は偽善者でしかありません。

しかし、そんな偽善者が何百万人も現れたとしたら。

無関心を貫くよりも、偽善者のレッテルを貼られてもいい。
自分が偽善者になることで、誰かの命が救えるとしたら。


そんなわけで。

みんなで一緒に偽善者になりませんか?

高い宝くじを買う気持ちでいいと思います。

当たったら、一人の女子の命が何年か延びます。
カテゴリ :お知らせ トラックバック(-) コメント(0)

沖縄県民の悲願。…そして、我々は

 2010-08-21

1958年。

全国高等学校野球選手権大会40回記念大会に、
当時アメリカ施政下にあった沖縄県代表・首里高校が出場。

この時、1回戦で敗れた首里の面々が、いわゆる「甲子園の土」を持ち帰ろうとしたが、
検疫の問題で、帰郷直前の船の上で没収・海に廃棄させられるという悔しい目にあった。

思えば、この出来事が、沖縄県民に「高校野球での全国優勝」を、
単なる「学生のスポーツ大会での優勝」に留まらない「大きな感情」を与えることになった。

だからこそ、沖縄では仕事も放ったらかして県民全体で応援するのだ。

甲子園で全国制覇するということは、同時に、
沖縄がひとつの県として、名実共に「独立」するという意味合いになったのだ。


それから10年後の、第50回大会。

前年に初出場した興南高校は、この年、準優勝まで駒を進めて涙を飲む。


そして、この時のキャプテンが、我喜屋優投手。

現在、興南学園で理事長を務める、野球部監督だ。


初めて沖縄県勢をベスト4に輝かせた興南高校は、県民挙げての歓迎を受けながら帰沖する。

これが「興南旋風」である。


あれから、42年。

「甲子園の土」から、52年。


興南旋風を巻き起こした当時のキャプテンが、

自らの後輩たちを引き連れて、遂に、悲願の優勝を勝ち取った。


これは、高校野球に留まらず、沖縄の歴史にとって、
ひとつの大きな転換点となったことは間違いないだろう。


さぁ、私たち県民は、彼らの活躍から、何を学ぶべきなのだろうか。


相変わらず、沖縄には米軍基地問題が横たわっている。

改善されない失業者問題。

果たして、ビール片手にテレビの前で、みんなで騒いでいるだけでいいのだろうか。


春夏通した興南高校の優勝からは、多くのことを学べる気がする。

戦略、試合に臨む姿勢、そして、日々の練習。

経営や政治にも通じるメッセージがたくさん込められている。


毎年訪れる高校生の戦いから、何を感じ取り、何を具現化していくか。


それが、応援する側の大人に課せられた、今一番の命題ではないかと、

私は思う。

カテゴリ :評論・コラム トラックバック(-) コメント(0)

歌う準備しましょー!

 2010-08-21
学生時代は、一年に2回くらいしか歌う機会のなかった校歌。

卒業式でも、まともにメロディー取れなかったのに。

後輩たちが思い出させてくれた。

意外と覚えているもんですな。


まぁ、私は演劇~放送部なので、胸を張って「先輩です」といえる立場でもないのだが。


とりあえず、沖縄県勢として初となる夏優勝。

皆さん、歌う準備しましょう。歌詞載せておきます。

「あぁ南海の空晴れて~、学び舎高くそびえ立つ~、
若き希望の眉あげて~、真理の道をたずねゆく、
われら~興南高校に
高遭自主(こうまいじしゅ)の鐘が鳴る~」 


その時が来たら、さんしんの日の如く、みんなで合唱しましょう。

あっりかんぱ~い!

 2010-08-21
♪明日はいよいよ決勝どー

夜から応援しておくさー

2010-08-21-orion.jpg


ぷっちょくんの憂鬱

 2010-08-20
AKB48とのコラボで、ぷっちょくんが盛り上がっているが、
なんと、AKBではないが、オリジナルCMを作れるのだ。

作ってみた。



 皆さんもどーぞ。

 

カテゴリ :こんなの見つけました! トラックバック(-) コメント(0)

 2010-08-20
興南の試合見たあとに、このCM見たら、
なんか感動するなぁ。



あぁ南海の空晴れて

 2010-08-19
興南、歌詞巡り応援に「異変」



個人的な意見を述べれば、ちょっと心の狭い意見になるが、
「ハイサイおじさん」の作者は、現在、民主党の県連代表であるので、
今回の選択は正解だと思う。


まぁ、別に放送で「花」とか「ハイサイおじさん」をかけたところで、
その放送局が民主党寄りというわけでもないだろうが、
たぶん、賛否が分かれる話でもあると思うので、
取り立てて議論することのほどでもないだろう。

どちらも沖縄の歌なので許してやろうじゃないか。


それはそうと、私が高校生の頃、校歌を歌う機会は、入学式と卒業式・始業式と終業式。あとは文化祭・体育祭くらいのものだった。

私は高校時代を演劇部と放送部で過ごしたが、校歌をまともに歌えた記憶が無かった。

どちらかと言うと中学のほうの校歌をよく覚えていたくらいだ。


しかし。


「彼ら」が、毎回校歌を聞かせてくれるもんだから、
私の頭の片隅の記憶が呼び起こされて、
ワンコーラス歌えるようになってしまった。

あと2回。


♪あぁ南海の空晴れて~

乗車死!?

 2010-08-14
自転車にまたがったまま男性死亡 堺市


状況が不可解だ。

自転車に乗るものとしては、非常に気になる事故。(事件?)

タイトル決定&放送日

 2010-08-14
いよいよ編集も大詰め。

追加ナレーションも録音して、今日で最終の仕上げをします。


私にとっては、毎年恒例行事の番組。

アメリカのオーケストラ「ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル
沖縄公演の模様と、

そこにゲスト出演した
与那原中学校吹奏楽部」「昭和薬科大学附属高校中学校吹奏楽部」の
練習風景、それぞれの吹奏楽コンクールでの演奏を詰め込んだ
プチドキュメンタリーです。

特に、吹奏楽経験者は是非ご覧下さい。


100814_LMbym-title.jpg
Listen music by your mind
~ニューヨークの音楽家と出会った沖縄の中高校生吹奏楽部~

8月18日(水) 午後3時25分~52分
RBCテレビ・デジタル3チャンネル



↓会社のブログでも宣伝しております。
「RBCビジョン・制作情報」

カテゴリ :お知らせ トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫