FC2ブログ

進化するファンタジー

 2012-10-22
Disneyキャラ6体が合体ロボに、超合金ファンも納得の変形ギミック。
https://www.narinari.com/Nd/20121019355.html


先日、ミッキーとドナルドがトランスフォーマーとコラボしたが…

バンダイにしてやられた(苦笑)


スポンサーサイト



なんか申し訳ないです。

 2012-10-10
皆様、こんにちは。
昨日は、こんな私めの為に、心温まるバースデーメッセージ頂戴頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

本当は何事もなく風のように過ぎさりたかったのですが、mixiって、誕生日がバレるんですね(笑)

んなわけで、一歩一歩アラフォーに向かうウチナーコンボイをこれからも宜しくお願いします。


本来ならば個別にてお返事差し上げるのが筋ではございますが、日記による一斉返信にて失礼致します。


ザ・ヒットパレーズ@イオン那覇店

 2012-10-08
昨日とおとといは、那覇大綱挽まつりの会場でガッツリとお仕事。

その間に溜めた洗濯やらWEB整理の作業をする合間に、
イオン那覇店へ。

目的は、

『ザ・ヒットパレーズ』のライヴを観ること!


ザ・ヒットパレーズとは、県内で活躍するボーカリストやアーティストによって、
特にイベントやショッピングモールでのライヴを想定してパッケージングされた
70~80年代のヒットソングをカバーして歌うユニット。

一度は観てみたいと思っていたが、名護だったり具志川だったり北谷だったりと、
距離と日程的な問題が合わず、なかなか縁がなかったのだが、
ちょうど仕事が入っていない日に、イオン那覇店に登場するとのこと、

これゃあ、行くっきゃない!!


121008_TheHitParades-Opening.jpg
午前11時と午後3時の2回公演のうち、
私が観てきたのは、午後3時の公演。

オープニングで、早速ステージには、出演者が登場。

司会者のうち一人は、昭和の名司会・大木凡人
意識した風貌だったが、キャラクターの雰囲気はなんだか、南海キャンディーズ・山ちゃんだった。

121008_TheHitParades-PinkLady-01.jpg


まず登場したのは、“ピンクレディー”。

121008_TheHitParades-PinkLady-02.jpg

♪UFO ♪サウスポー の2曲を続けて披露。

二人の振りが少しずれていたのはご愛嬌だが、
歌唱力はしっかりしている。


続いて登場したのは…

121008_TheHitParades-Seiko-01.jpg

松田聖子”!!

121008_TheHitParades-Seiko-02.jpg


祝日なので、客席は埋め尽くされていました。

70~80年代のヒット曲をリアルタイムで楽しんでいた当時の若者たちの
「親の世代」の方たちの姿も多かったのが興味深かった。

121008_TheHitParades-Seiko-03.jpg


披露したナンバーは、

♪風たちぬ ♪天使のキッス


続いて、“松田聖子”と“ピンクレディー”が合体して

121008_TheHitParades-Candies.jpg

キャンディーズ”に。

歌ったのは、♪年下の男の子 。


そして、赤いドレスに身をまとった“山口百恵”が登場。

121008_TheHitParades-Momoe.jpg


曲は、♪プレイバックPart2 と ♪イミテイション・ゴールド 。
本人の声質が高めなのか、原曲よりキーがやや高めだったのが印象的。


121008_TheHitParades-Seiko-04.jpg


その後、“松田聖子”と“ピンクレディー”が再登場し、

♪赤いスイートピー ♪青い珊瑚礁 ♪渚のシンドバッド を熱唱、

ライヴはエンディングを迎えた。

121008_TheHitParades-Ending.jpg

各メンバーの本来のプロフィールは、公式サイトを参照して頂きたいが、
それぞれが実力あるアーティストということもあって、
約30分の枠だったが、とても楽しいライヴだった。

ちなみに、ザ・ヒットパレーズのロゴマークが、
往年の名音楽番組「ザ・ヒットパレード」と
夜のヒットスタジオ」をモチーフにしているのが、興味深い。


さて、テレビ屋的目線を含めた「注文」をさせて頂くならば、
キャッチフレーズを「甦る70年代&80年代」として欲しい。

キャンディーズを出すなら尚更。

キャンディーズが活動していたのは、1972年~1978年なので、
80年代ではない。

あと、その時代の色を出すなら、
「往年の名番組の名演出」を入れるともっと面白くなるだろう。

例えば、
ロッテ歌のアルバム」での、玉置宏さんの「一週間のご無沙汰でした。」や、
エンディングで「ザ・ベストテン」の「ハイ!ポーズ!」をやってみるとか、
オープニングで出演者が次から次へとワンフレーズずつ歌う
「夜のヒットスタジオ」の登場メドレーをやるなど、
当時リアルタイムの視聴者・リスナーをくすぐるような演出があると、
もっと面白いライヴになると思う。

更なる進化に期待したい。
カテゴリ :LIVE&STAGE トラックバック(-) コメント(0)

気持ちはわかるよ。

 2012-10-02
「私を撮らないで!」写真嫌い女子の主張



私も写真が嫌い。

たぶん、特に30代以降の写真は誰かが写した数枚しかないな。


ツイッターもfacebookもWEBサイトも、すべてyahooアバターなのは、

自分で自分の顔写真を見るのがイヤだから。

ネットに自分の顔写真を自分で上げたことは一度も無い。


人が私の顔をどう思おうが自由だが、私は好きじゃない。


だから自分の写真は撮りたくないし撮られたくない。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫